ブログ

ブログを始めて1ヶ月!Amazonアソシエイトの審査に合格!対策はあるの?

この記事のざっくりとした内容

  • どんな自分が
    ブログを始めて1ヶ月で、Amazonアソシエイトに合格した私が
  • 誰に
    これからAmazonアソシエイトの審査を受けようとしている人へ
  • 何を
    Amazonアソシエイトの合格対策について
  • なぜ?
    Amazonアソシエイトに合格してほしいから
  • どうしてほしいのか
    記事にある準備をしてからAmazonアソシエイトの審査に臨んでほしい
  • メリットは?
    Amazonアソシエイトの審査に合格する可能性が高まります

「ブログ始めたばっかりで、Amazonアソシエイトに合格するかなー?」
「Amazonアソシエイトを始めたいけど、審査基準とかあるのかなー?」
おそらく、これからAmazonアソシエイトに申請をしようとしている人は、不安があるかと思います。

実は私もこの5月にブログを始めたばかりで、あなたと同じ不安を持ってたんですよね。

「ブログ始めたばかりだけど、とりあえず申請してみよう!でも、合格するかどうかわかんらいや…」みたいな感じです。

 

そんなブログ初心者丸出しな自分ですが、今回、Amazonアソシエイトに合格することができました。

ブログ初心者丸出しな私ですが、無防備な状態で挑んだわけではなく、他のブログなどを参考にしながら、最低限の対策はして、Amazonアソシエイトの審査に臨みました。

 

この記事では、私が申請する際に注意したPOINT等を、ブログ初心者の方が見ても分かるように、分かりやすく説明しようと思います。

ブログ初心者の人で、これからAmazonアソシエイトを申請しようとしている人には参考になると思います。

 

ぜひ、Amazonアソシエイトに合格して、あなたのブログにAmazonの商品を紹介してみましょう\(^o^)/

 

私がAmazonアソシエイトに申請したときのブログの状態

Amazonアソシエイト申請時のブログの状態

Amazonアカウントの状況

  • 記事数は20記事前後(1記事あたりの文字数は2,000~3,000文字くらい)
  • 記事内容は資産運用やブログのこと
  • ブログは5月から開始(始めてから1ヶ月)
  • PV数は50PV/日くらい
  • Amazon以外の広告も貼っている(楽天とか)
  • プロフィールは作成していた
  • お問い合わせフォームは作成済み
  • プライバシーポリシーは作成済み
  • Amazonプライム会員で、Amazonのヘビーユーザー
  • Amazon Kindle Unlimited を使用している

*太字は私が審査合格に重要だったと思うPOINT

 

まずは、ざっくりと私がAmazonアソシエイトに申請したときのブログの状態と、私のAmazonアカウントの状況を整理してみました。

で、その中でも重要だと思う項目については、太字にしてみました。

順を追って、それぞれの項目について説明していきます。

 

項目の説明に入る前に、Amazonが「こういうブログはダメだよ!」と言っているものがありますので、そちらを確認してからになります。

 

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約に記載されている不適切なサイトの例

不適切なサイトの例としては以下のようなものが含まれます。

(a) 性的に露骨な内容を奨励または含むサイト。

(b) 暴力を奨励するまたは暴力的内容を含むサイト。

(c) 誹謗中傷を奨励するまたは誹謗中傷的な内容を含むサイト。

(d) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的指向もしくは年齢による差別を奨励する または差別的慣行を用いているサイト。

(e) 違法行為を奨励または実行するサイト。

(f) 甲またはその関連会社の商標や、甲またはその関連会社の商標の変形またはスペル違いをドメイン名、サブドメイン名またはソーシャルネットワークサイトのユーザー名、グループ名その他のアカウント名に含むサイト(例については、商標ガイドラインをご確認ください。)。

(g) その他知的財産権を侵害するサイト。

(h) 上記のほか、甲が本プログラムに適切でないと判断するサイト。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約より一部抜粋

まずは、こちらが本家本元のAmazonがNGとしているブログの例ですので、これらの条件のどれかに該当した場合、申請が認められないことになります。

運営規約なので言葉が難しいですね。もう少し分かりやすい言葉に置き換えてみたいと思います。

不適切なサイト例(ざっくりと言うと)

  • アダルトコンテンツがある
  • 暴力的なコンテンツを含む
  • 悪口や名誉を毀損するコンテンツがある
  • 差別的内容を含んでいるコンテンツがある
  • 法律に違反するようなコンテンツがある
  • 引用のルールを守っていない
  • その他Amazonが適切でないと判断した場合

Amazonアソシエイトの運営規約に記載されている内容を簡単に置き換えると、上のような感じになるでしょうね。

これらの条件のどれかに該当すれば、申請は認められな可能性が高いですね。

これらの、条件にあなたのブログが当てはまっていないかを、まずは確認しましょう。

もし、問題がある場合には、事前に内容を修正しておきましょう。

 

Amazonアソシエイトに合格するために最低限クリアしておきたい項目

  1. 記事数は少なくとも5記事以上書いた状態で申請する
  2. プライバシーポリシーは作成してから申請する
  3. 運営者情報(プロフィールページ)をブログ内に記載する
  4. お問い合わせフォームは作成してから申請する
  5. 購入履歴のあるAmazonプライム会員アカウントから申請する

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約に記載されている不適切なサイトの条件をクリアしたら、今度は上の条件がクリアされているか確認しましょう。

この項目は、私の体験、AmazonアソシエイトのHP、他の方のブログ、もしもアフィリエイトのHP等を参考に、私が選定した条件です。

私は申請するときに上の5つを確認しました。

1つずつ確認していきましょう。

記事数は少なくとも5記事以上書いた状態で申請する

「なんで、5記事?」って思った人がいますよね?

これは私が勝手に設定した基準ではなく、「もしもアフィリエイト」経由でAmazonアソシエイト申請するときの注意項目に記載されているのです。

 

いきなり、「もしもアフィリエイト」という言葉が出てきて、「?」となっていると思いますので、説明します。

Amazonアソシエイトを利用するには、Amazon本家のAmazonアソシエイトから申請する方法と、「もしもアフィリエイト」というサイトを経由して申請する方法があります。

 

Amazon本家からの申込みと「もしもアフィリエイト」経由での申込み、何が違うの?

と思うところですが、今回は趣旨が違うので、また別の記事で説明します。

ただ、この「もしもアフィリエイト」経由でのAmazonアソシエイト申し込みの注意点が、Amazonアソシエイト本家のものよりも詳細に書かれているので参考になるのです。

———————
■提携について
———————
・提携審査には数週間かかる場合がございます。
・作成されたばかりの未完成サイトや、運営がされていないサイトは提携できません。
 少なくとも5記事以上はある状態で提携申請をお願い致します。
・過去に問題があり提携解除された方は、他のサイトであっても再提携できません。

※審査の規定により、未成年者様の提携はできません※

<提携できないサイトの例>
・リベートサイト(当該サイトのリンクを経由してショッピングを行うことと引き換えに、エンドカスタマーに対してポイント、キャッシュバック、慈善団体等への寄付等の方法でのディスカウントを提供するサイト)。
・ソーシャルネットワーキングサイト。
・誤ったまたは誤解を招くような方法その他の好ましくない方法で掲載しているサイト。
・主として無料の電子書籍の販売促進を行うサイト。
・テレビセットトップボックスまたはインターネット接続可能なテレビと組み合わせて使用するように設計または意図されているサイト。
・独自の価値ある情報を掲載せずに、他サイトからの情報を掲載しているサイト。
・クライアントアプリケーション、ソフトウェア、プラグイン、ヘルパー、コンポーネントその他の実行可能コード(デスクトップアプリケーション、ツールバー、プラグイン、ヘルパー、コンポーネントおよび拡張子を含むが、これらに限られない)。
・過去にアソシエイトアカウントを解除されたサイトや人。
・リーチサイト等著作権その他知的財産権侵害を助長するサイト。
・未完成等の理由により不適格サイトに該当するか否か判断できないサイト。
・他サイトのコンテンツをコピーしたサイト、テンプレートのみ利用をする等独自の内容が含まれていないサイト、PPC広告(PayPerClick広告)から誘導されるいわゆるペライチページ等コンテンツが貧弱なサイト。
・本人購入(第三者を代理しての購入も含む。)が合理的に疑われる場合。
・情報商材の販売等に関するサイト。
・URLの誤記等によりサイトを確認できない場合または第三者が運営するWebサイトやURLで申込みがされた場合。
・Webサイトの内容を確認できない場合または内容を確認できないコンテンツが含まれている場合。
・申込み時に登録した住所、氏名、電話番号等が正しくない場合。
・未成年者。
・最安値または価格比較を標榜しているにもかかわらず、最安値が適切に表示されない、価格比較を行えない等機能が不十分なサイト。
・日本語ドメインサイト。
・不正が多発しているテンプレートを使用しているサイト。
・長期間更新されていないサイト。
・一般消費者ではない送客を主にしているサイト(転売情報サイト等)。

「もしもアフィリエイト」Amazonアソシエイト 申請時の詳細情報から引用

*太字で赤字に修正は筆者。

 

Amazonアソシエイト本家の条件より詳細に色々な項目が掲載されていますが、注目したいのは赤字にした部分の「少なくとも5記事以上はある状態で提携申請をお願い致します。」という点です。

こうした記載もあることから、あまりにもブログ記事が少ない場合は、申請が却下される恐れがあります。

なので、少なくとも5記事以上はアップロードした状態で、Amazonアソシエイトの審査に臨みましょう!

プライバシーポリシーは作成してから申請する

プライバシーポリシーの作成は、「Amazonアソシエイト・プログラム運営規約」に明記されています。

5.乙のサイトに対する責任

(中略)

•プライバシー規約その他を通じて、乙が乙のサイトの訪問者からデータを収集、使用、保管および開示する方法ならびに該当する場合は第三者(甲および他の広告掲載者を含みます。)がコンテンツおよび広告を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、サイトの訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があることを、乙のサイト上に正確かつ適切に開示すること

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

*太字は筆者が追加

「プライバシーポリシー」ってそもそも何だよ!?

っていう感じだと思いますので、軽く説明しておきます。

プライバシーポリシーとは?

個人情報の保護を行うために、ブログの作成者が、利用者に対して、収集した個人情報をどのように扱うのか、管理するのかを明文化したもの。

よく広告とかで、やけに自分の興味関心分野の商品が提示されることがありませんか?

あれは、Cookieという情報の履歴を用いて、広告を表示しています。

 

専門用語は置いておいて、とにかく、「あなたのサイトを訪れた利用者の情報を収集し、保管し、そのデータを広告を表示するときに使わせてもらいますね!」という文章をサイト内に記述しておく必要があるわけです。

この文章のことを「プライバシーポリシー」っていうわけです。

 

このプライバシーポリシーの書き方は、Googleで調べればすぐに出てきますし、私のサイトのものを参考にしてもらって構いません。

私のサイトのプライバシーポリシーはページ一番下にあります。

*私のサイトのものを使う場合は自己責任でお願いします。

 

運営者情報(プロフィールページ)をブログ内に記載する

この運営者情報は、Amazonアソシエイトに限らず、他のアフィリエイトに申し込みをするときにもあったほうが良いのですが、Amazonアソシエイトも御多分に漏れずって感じです。

ブログに広告を出したときに収益化できるかどうかは、そのブログに信用があるかどうかという点が大事になってきます。

 

そうなると、最低限、どんな人が、誰に対して、どんな内容で、そのブログを書いているのか、という情報が必要になってきます。

このへんの情報を上手くまとめて、プロフィールとか運営者情報などのページで作成しておきましょう。

ちなみに、私のプロフィールページはこちらです。

プロフィールはじめまして、ELSOL(エルソル)です。このプロフィールページでは、私の簡単な自己紹介とこのブログを始めた経緯について書いています。 ...

参考にできるところは、参考にしてもらって構いません!

 

お問い合わせフォームは作成してから申請する

これも、うえのプロフィール設置理由と同じで、あなたのサイトの信用度を高める仕組みです。

不明な点があったり、質問したいことがあったり、相談がしたいことがあった場合に、あなたと連絡が取れた方が信用度は高くなりますよね?

 

私はWordPress(ワードプレス)を使って、ブログを書いています。

WordPress(ワードプレス)には、様々なプラグイン(便利なソフト)があって、私はこのお問い合わせフォームを、「Contact Form 7」というプラグインで作成しました。

 

本当に簡単にお問い合わせページが出来てしまいます。

こちらも、Googleで検索すれば、すぐに出てきますので、設置をしておきましょう。

参考までに私のお問い合わせページのリンクを張っておきます。

お問い合わせ質問や連絡したいことがあれば、こちらのフォームからお願いします。 ...

 

購入履歴のあるAmazonプライム会員アカウントから申請する

Amazonでこれまでに買い物をしてきたか、Amazonのプライム会員などのAmazonのサービスを現在使用しているか?

これらの項目も結構重要なんじゃないか?って個人的には考えています。

 

Amazonに迎合するわけではありませんが、Amazonを通じて商品をアフィリエイトをするなら、Amazonサイトの仕様を知っていたり、Amazonのサービスを使っていたほうが、アフィリエイトしやすいですよね。

それから、上の理由と同じで信用の観点からもプラスです。

 

購入履歴があって商品が届くということは、住所もきちんとあって社会的に信用のある人と認識されます。

あとは、Amazonプライムなどの会員であれば、最低限サービスを利用するだけの収入を得ていることの証明にもなります。

 

どこの馬の骨かわからないブログからたくさんの申請を見ているAmazonとしては、あなたのAmazonの購入履歴やAmazonのサービスの使用状況というチェック項目は客観的で判断しやすい材料になるはずです。

 

ちなみに私はAmazonのヘビーユーザーで、Amazonのプライム会員で、Amazon Kindle Unlimitedという電子書籍の読み放題のサービスを使用しています。

Amazonプライム会員の年会費は、4,900円(税込)です。月額に直すと、400円ちょっとです。

Amazonプライム会員はお試し期間で30日間、無料で使用ができますので、とりあえず申し込みをしておきましょう。

 

Amazonプライム会員に登録する

 

Amazonアソシエイトに合格するために必要なこと まとめ

文章が長くなりましたので、もういちど、おさらいをしておきましょう。

Amazonアソシエイトへの合格確率を高めるためには

  1. 「Amazonアソシエイト・プログラム運営規約」に記載されている不適切サイトに該当していないかを確認する。
  2. 記事数は少なくとも5記事以上は投稿する
  3. プライバシーポリシーを作成する
  4. 運営者情報を書く
  5. お問い合わせページを設置する
  6. 購入履歴のあるAmazonプライム会員アカウントから申し込みをする

この記事を参考に、あなたがAmazonアソシエイトの審査に合格できると良いな!って思います\(^o^)/

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。