株式投資

株式の長期投資で分散投資が大事であるたった1つの理由 分散投資のメリットとデメリットについて

株式投資で分散投資が大切になるたった1つの理由

今回の記事の概要について

  • 内容
    株式投資において分散投資が大事な理由について
  • 対象者
    投資初心者むけ
  • 伝えたいこと
    株式投資をするなら分散投資は必須
  • 記事を読むメリット
    分散投資の基本を学ぶことが出来ます
  • 読むのに必要な時間
    5分程度

どうも、ELSOL(エルソル)@ELSOL_INVESTORです。

前回の記事では、株式投資をするなら、長期投資をすることが大事であることを伝えました。

株式投資における長期投資のメリットとデメリットについて
株式投資における長期投資のメリットとデメリットについて 今回の記事の概要について 内容 株式投資における長期投資のデメリットとメリットについて 対象者 投資初心者、...

今回の記事は、「株式投資においてなぜ分散投資が大切になってくるのか?」というテーマでお送りします。結論から言うと、分散投資は長期投資を支えてくれるからです。

なぜ分散投資は長期投資を支えるのか?それは分散投資がリスクを分散させ、一回の失敗で市場から退場させられるリスクを低下させてくれるからです。

分散投資の基礎、メリットとデメリット、長期投資と分散投資の関係について、この記事で理解を深め、資産形成の基礎を固めていきましょう。

そもそも分散投資とは? その重要性は?

分散投資の重要性について
  • 人間は、将来のことについて、100%の確率で予想できない。
  • 予想できない以上、事前に対象を分けてリスクを分散させるしかない。

人生や投資のことを考える上で重要なテーマが、「未来の不確実性」です。

「未来の不確実性」なんて格好いい言葉を使っていますが、簡単に言えば、「将来どうなるか分からない」ってことです。

未来が100%の確率で予想できるのなら、そもそも分散させる必要なんて全然ないです。例えば、A銘柄が明日急上昇することが分かっていれば、自分の全財産を突っ込めば良いわけです(銀行から借金しても良いかも)。

ただ、どんな素晴らしい投資家でも、天才でも、残念ながら未来を100%の確率で予想することは不可能です。100%の確率で予想できるという手段を持っている人は、この記事を読む必要はありません。

分散投資の格言 「卵は一つのカゴに盛るな」

卵は一つのカゴに盛るな

有名な投資格言に「卵は一つのカゴに盛るな」という言葉があります。説明するまでもないですが、未来が不確実である以上、一個に集中させていると、その一個に何かあったときに、全てがダメになってしまいます。そうならないように、事前に分散させておくことの大切さを説いた格言です。

 

ハリー・ポッターに、「分霊箱」という箱が出てきます。

これは、ボルデモート卿が自分の魂を複数の箱に隠し、自身が誰かに一回で殺されてしまうリスクを分散させておくために作られた箱です。

いかにボルデモート卿といえども、誰にいつどんなふうに命を狙われるか、未来を予想できないので、こうして分散させておいたのです。

 

リスク分散は人間が生み出した究極のリスクヘッジ作戦なのです。こうした過去の人間が編み出してきた分散投資という叡智を使わない手はありません。

 

分散投資のメリットとデメリット

分散投資のメリットとデメリットについて

分散投資のメリット

  • リスク低減効果(極端な結果を排除することができる)

分散投資をすることのメリットは、何か1つに頼らなくて良いことです。

A銘柄に投資をしている人は、A銘柄に全てを左右されます。人間は全ての情報を完全に把握して、投資をすることはできません。

A銘柄に投資をする上で確認しておかなければいけないのに、漏れで、あるいは、事前に把握することができなくて、確認できないこともあります。

残念ですが、その際に生じる損失は集中投資をしているあなたが、全て引き受けることになります。A銘柄が倒産して株価が0になれば、あなたの資産は0です。

一極集中の結果、お金が0になるということは、再起不能を意味します。投資の世界では市場から退場しないことが何よりも大切です。

リスク分散をしておけば、少なくとも一撃で市場から退場させられることはないでしょう。これは、投資初心者の人が想像する以上に絶大な効果があります。

 

分散投資のデメリットについて

  • 分散投資でリスクを減らした結果、リターンも低下する(一気に金持ちにはなれない)。

分散投資をして、リスクが下がることは、そこから得られるリターンも低下することを意味します。

例えば、ビットコインに全てを投資していれば、ものすごい上昇利益を得られたのに、ビットコイン以外の投資対象にも分散させておいたせいで、利益を見逃すことになります。

投資の世界では、リターンの源泉は常にリスクですから、リスクが低下した以上、リターンも低下することになります。

ただ、ELSOL(エルソル)、あるいは、投資家の多くの人が重要であると思っていることは、一か八かの資産形成ではなく、ゆっくりと着実に資産を形成することです。そういった投機的行為は余裕があれば、行ってもいいでしょうが、資産形成の中心に据えるべきではありません。

 

分散投資の種類 資産、銘柄、時間の分散。

分散投資の種類

分散投資には、大きく分けて上記のように、3つの種類があります。

どれも重要な分散スタイルになるので、確認しておきましょう。

分散投資1 資産を分散させる

資産の分散は重要

投資の世界では資産と言っても、色々な種類の資産があるのですが、分散投資の効果を働かせるためには、複数の資産を購入したほうが、分散効果が高まります。

ただ、やみくもに分散させれば良いものではないので、どの資産をどれくらい購入するのか(これを、アセットアロケーションと言います)については、別の記事で検討したいと考えています。

分散投資2 銘柄の分散

銘柄の分散

例えば、株式を購入対象として決めたとして、株式には色々な企業が発行したものがありますので、分散させて購入した方が好ましいです。

A銘柄だけに全財産を投入すれば、A銘柄と一蓮托生することになります。何かのショックに耐えられない可能性が高いです。

特に株式などのリスクが高い資産については、より多くの銘柄に分散させた方が良いです。

分散投資3 時間の分散について

時間の分散

一撃で投入すれば、その買ったタイミングが、あなたの投資成績の全てを決定します。未来は不確実である以上、購入するタイミングも複数回に分けたほうが良いです。

時間の分散については、タイミングリスクを分散させる効果がありますが、投資初心者向けの投資法でドルコスト平均法という積立投資法があるので、追い追い説明を加えていきたいと考えています。

株式投資における 分散投資と長期投資の関係について

  • 株式投資では、長期投資が大切。
  • 長期投資をするなら、分散投資が必要になる。

どうして、株式投資をするなら、長期投資が大切になるか?

復習をしておきましょう。

株式投資で長期投資をすることが大事な理由

  1. 成績のブレ幅が小さくなる(平均への回帰)
  2. 複利での運用ができる
  3. インフレに強い
  4. 下手な短期売買を避けることができる(市場に振り回されない)

参考記事

株式投資における長期投資のメリットとデメリットについて

 

結論は上記のとおり。

では株式投資で長期投資をするにはどうすれば良いのか?

はい、ここで分散投資が大切になってくるのです。

 

分散投資が長期投資を支える

分散投資は長期投資の土台

長期投資をするということは、できるだけ長い期間、投資をするってことです。文字通りですけど。

それでは、できるだけ長い間、投資をするには、どうすれば良いのか?

一回の失敗で再起不能になることを避けるようにすれば良いのです。

その再起不能を避けるために、分散投資が必要になります。

 

ビットコインに全財産を投入して、億り人か破産者か、という選択肢もあるのでしょう。

それも価値観の違いがあるので、なんとも言えませんが、少なくともこのELSOL(エルソル)のブログで推奨する投資スタイルではありません。

 

人間の叡智である分散効果を効かせてリスクを分散させながら、株式の旨味を長期で掬いだしていく、それが私がオススメする投資スタイルです。

もちろん、ビットコインに全額投入して億り人になるより、時間は遥かにかかりますが、資産形成の王道スタイルである、と考えています。

 

今回の記事のまとめ

  • 株式投資は長期投資が大切。
  • 長期投資をするのに、分散投資が必要になる。
  • 人間は、100%の確率で未来を予想できないから、分散投資が生まれた。
  • 分散投資には、大きく分けて、資産、銘柄、時間の分散がある。
  • 分散効果でリスクが低下する(リターンも低下する)。一回の失敗で再起不能になることを回避できる。

投資の世界は複雑で専門的な部分が多いですが、投資初心者が最低限必要になる分散投資の基礎知識について今回はお送りしました。

お付き合いありがとうございました。ではでは、アディオス。

 

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。