書評(資産運用・形成編)

『投資の大原則 人生を豊かにするためのヒント』から投資で成功するためのヒントを得る

『投資の大原則』から投資で成功するためのヒントを得る

今回の記事の概要について

  • 内容
    投資本『投資の大原則』から投資で成功するためのヒントを得る内容
  • 対象者
    投資を始めようとする人、実際に投資をしている人
  • 伝えたいこと
    投資で成功するためには基本が大事で、急いで金持ちになろうとしても失敗する可能性が高い。
  • 記事を読むメリット
    『投資の大原則』から得られた投資で成功するためのヒントを学ぶことができます
  • 読むのに必要な時間
    5分程度

どうも、ELSOL(エルソル)@ELSOL_INVESTORです。

今回の記事では、投資の世界では有名なチャールズ・エリスさんとバートン・マルキールさんの共著である『投資の大原則』を読んだので、そこから得られるヒントを考えてみました。

 

名著 『投資の大原則』の概要

  • インデックス投資の大御所である2人の共著
  • 資産運用をする上での基本的な注意点が書かれている
  • 書かれている内容はすごくシンプル

 

チャールズ・エリスさんとバートン・マルキールさんの共著です。

チャールズ・エリスさんは、「敗者のゲーム」という有名なインデックス投資の本を書いています。

また、バートン・マルキールさんも、「ウォール街のランダムウォーカー」というこれまた有名なインデックス投資本を書いています。

この本はそんな2人の合わせ技みたいな感じと思ってもらえればいいです。

出版されたのはそんなに新しく、2018年7月ごろに第1版が発売されています。

概要の紹介はこの辺にして、さっそく内容を確認していきましょう。

 

『投資の大原則』から学べる投資のヒント

  1. 投資の基礎はお金を貯めることから始まる
  2. 投資の要は分散投資(時間、市場、銘柄)
  3. インデックス投資を活用した資産運用を中心にする

 

投資の基礎はお金を貯めることから始まる

これはどの本でも書かれていることですが、投資の基礎は貯蓄です。

貯蓄ができない人は、投資で失敗する可能性が非常に高いです。

なぜかといえば、理由は2つあります。

1つめは、貯蓄ができていないということは、家計の収支が赤字である可能性が高いからです。毎月の収支が黒字になっている人にだけ、投資を始める権利が与えられます。

2つめは、貯蓄がないと、株価が暴落したときに、値下がりに耐えられないからです。

投資の要は分散投資(時間、市場、銘柄)

投資で成功するためには、長く投資を続けることが大切です。

これは当ブログでも再三説明しているとおりです。

株式投資における長期投資のメリットとデメリットについて
株式投資における長期投資のメリットとデメリットについて 今回の記事の概要について 内容 株式投資における長期投資のデメリットとメリットについて 対象者 投資初心者、...

そして長く市場に居続けるためには、大きな失敗を避けるよう分散投資が絶対に必要になってきます。分散投資は将来どうなるか分からないという不確実性に対して人類が見出した英知です。

株式投資で分散投資が大切になるたった1つの理由
株式の長期投資で分散投資が大事であるたった1つの理由 分散投資のメリットとデメリットについて株式投資では長期投資が大切です。その長期投資を担保するためにも、分散投資が必要になります。その理由はたった1つ。分散投資が、一回の失敗であなたを市場から撤退させるリスクを低下させてくれるからです。この記事で分散投資の基礎を固めて、投資の王道を歩みましょう。...

この『投資の大原則』の中でも、分散投資の重要性は再三指摘されています。

 

インデックス投資を活用した資産運用を中心にする

実際に分散投資を実施するには、どうすればよいのか?

これも当ブログで紹介しているインデックス投資を活用するのです。

インデックス投資の有効性はこの『投資の大原則』でも指摘されていて、投資の中心に据えるのはインデックス投資と書かれています。

インデックス投資をするなら長期投資 時間がない会社員でもほったらかしで大丈夫って本当!?
長期投資をするならインデックス投資 時間がない会社員でもほったらかしで大丈夫って本当!?インデックス投資は少額から開始できて、時間がない会社員にオススメな投資方法です。長期で分散させてインデックス投資を行うことで、投資の王道を行き、資産形成を進めることができます。...

 

『投資の大原則』から学べる投資のヒント まとめ

  1. 投資の基礎はお金を貯めることから始まる
  2. 投資の要は分散投資(時間、市場、銘柄)
  3. インデックス投資を活用した資産運用を中心にする

もう一度要点を確認しておきました。

投資の大御所が書いた本だから、何やら小難しい話が出てくると思いきや、書いてある内容はいたってシンプルです。

投資の王道は、誰が言っても、どの時代でも、どの場所でも基本的には変わることはありません。

時間をかけて、大きな失敗をさけるため分散投資をし、資本主義の成長という果実を着実に自分のものとしていく。

本当にシンプルです。

ただ、このシンプルな内容が自分の中で腑に落ちるまで理解するには、読書や実践を通じて体験する必要があります。

こうした投資哲学や投資の基礎を学ぶにはうってつけの本と言えるでしょう。

投資の世界では名著を読むことで自分の投資マインドを作ることは、非常にコスパが高い行為です。ぜひ一読あれ。

 

 

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。