資産形成(資産運用)

インデックス投資に加えて、これからは配当投資も充実させていく予定?

今後の資産運用方針ですが、家計の状況も色々と変わってきているので、少し見直しをしていきたいと思っています。

現状、私のポートフォリオは、株式が4割、現預金が6割という感じです。

株式はほとんどが世界株式へのインデックス投資です。SBI証券で主として投資信託を保有しています。

これにパートナーの資産運用も一緒に行うので、金額は増えることになります。

 

 

ここで私が少し考えたのは、今後は「配当投資を少しずつ戦略に加えていきたい」ということです。

どうして、そう思ったのかということに加えて、配当投資の良さみたいなものも併せて話せていければと思います。

 

人間はいつ死ぬかわからない 今と将来のバランスをとることが大切かも

まずは簡単に配当投資の概要を話していきます。

その際には、今まで私が実践してきた投資信託を利用したインデックス投資と比較すると理解しやすいかもしれません。

 

私が投資信託を利用して配当金をもらわずにインデックス投資をしているのは、理論上は配当をもらわずに再投資したほうが資産形成上有利だからです。

配当を出すということは、税金が課税されてしまうので、その分、リターンが落ちてしまいます。

なので、配当を出さないで、会社が出した利益を再び利益拡大の原資としてもらい、株価をどんどん上昇させてもらっていったほうが良いのです。

 

それに対して、配当投資の概要は、多少リターンの低下に目をつぶっても、今この瞬間に配当というキャッシュを確定させることに価値を見出す戦略です。

それなりに合理性のある戦略だと思います。

企業は配当を出さずに、それを拡大再生産のために使うということですが、それで失敗する可能性もあります。つまり、おとなしく配当という形で株主に報いていればよかったのに…となる可能性もあるということです。

また、人間はいつ死ぬのか分からないということもあります。理論的には配当を出さずにどんどん会社の中でぐるぐると回してもらって株価を上昇させてもらうのがいいのでしょうが、その株価の上昇を享受する人間が死んでしまえば、もはや無意味です。

 

長期思考で考えるなら、配当なしで複利効果を最大限効かして、投資信託などでインデックス投資をするのもいいと思います(私もメインはこの戦略です)。

ただ、人間はいつ死ぬかわからないので、今現在のことも考える必要があります。そのバランスをとるための戦略が、今回から取り入れようとしている「配当投資」です。

*ちなみに、私は高配当株式へ投資信託を通じて投資していますが、配当金は再投資になっているので、現在の投資スタイルでは、キャッシュでお金をもらうことはありません。

 

配当投資をするということは、外貨なり円貨なりで、実際に確定されたキャッシュをもらうことになります。それで再投資するものいいですし、何か自分や家族のために使用するものいいかなと思っています。

 

配当投資の具体的な今後の戦略について

これから配当投資をしていこうと思っていますが、まだまだ具体的な案が決まっていないので、色々と考えていこうと思っています。

何個か戦略はありまして、具体的には以下のとおりです。

今後検討する配当投資について

  1. ETFを利用した配当投資
  2. 個別株を利用した配当投資

ただ、私の資産形成の哲学がありまして、それは「未来の不確実性」に対しての考え方です。

つまり、簡単に言うと、将来どうなるかはわからないということです。

この未来の不確実性を重視するエルソルは、どうしても個別株よりもETFを志向する立場にあります。

【投資家必見】予測ができない未来に対処する2つの方法 分散と大数の法則「未来を完全に見通すことさえできれば…」 投資家なら誰でもが一度は思いつくはずです。 なぜなら、未来を見通すことがで...

なので、配当投資のメインはETFになりそうです。ETFとは上場されている投資信託と思ってもらえれば良いです。投資信託と同じで保有コストが低く、広く分散された投資対象にアプローチができる金融商品です。

 

ETFをメインにするとして、どのETFを保有するのかという問題があります。

国外のETFに投資するのが、国内のETFに投資するのかなど。

国外、国内にもそれぞれメリットとデメリットがあります。
*ここで国外としているのは、主として米国を指示します。

 

国内ETFのメリットとデメリット

  • 始めるまでのハードルが低い
  • 日本円での売買、配当金の受領が可能
  • 外国為替を気にしなくてよい(税金の管理等も楽)
  • 米国株のETFと比べると、手数料、流動性に劣る
  • 長期投資に向いているかと言われると自信を持てない

エルソルは面倒臭がり屋なので、ハードルが低いというのはかなり大きなメリットと考えています。

日本円で配当金をもらって特定口座で税金の処理も完結するなら、それが一番楽でいいです。

ただ、いくら配当投資といえでも、一応キャピタルゲインについても気になってくるところです。

経済や政治などの勉強をしていればわかりますが、正直、日本の今後の将来は明るくないのです。20年もデフレを放置した挙句、なぜかこの期に及んで増税をするという理解不能な経済政策を採用する国ですから。

そういう事情も加味すると、国内株のETFをメインとするのも言いづらい状況です。

面倒くささを超えた先にでも、国外ETFに妙味があると思えてしまうくらい、今後の日本の経済には期待ができない状況なんですね。

日本人としては大変残念な状況です。

 

国外ETFのメリットとデメリットは?

  • 保有手数料が安い
  • 流動性が高い
  • インカムゲインとキャピタルゲインの両方を期待できる
  • 始めるまでのハードルが高い
  • 外国為替が絡んでくるので、色々と面倒(税金面とか、外貨の買い付けとか)

国外のETFに投資をするには原則として、外貨が必要になります。例えば、米国株のETFを購入しようとすれば、米ドルが必要になります。

なので、事前に日本円から米ドルを買い付けてから、ETFを購入することになります。

また、米ドルを入手するということは、外貨を購入することになりますので、必然的に為替差損益の問題も発生してきます。

日本円からドルに換えてそのままドルで放置していると、レートが変わってしまいます。

入手したときのレートと何かの資産に変換したときのレートが違えば、そこに為替差損益が発生します。これは証券会社は計算してくれませんので、基本的には自分で計算することになります。

ただ、この辺の外国為替については、面倒な税金の計算を避けるためのテクニックはありますので、多少の手間をかければ回避できることです。

 

未来が期待できない日本に長期投資をする不安を考えれば、この手間は我慢ができるとも考えられます。

 

色々と今回は今後の投資戦略について考えてきましたが、まだ情報収集段階になるので、何とも言えないところですが、少しずつ情報を収集して決定していきたいと思います。

その過程についてはまたブログに掲載する予定です。

 

 

 

 

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。