株式投資

長期投資をするならインデックス投資 時間がない会社員でもほったらかしで大丈夫って本当!?

インデックス投資をするなら長期投資 時間がない会社員でもほったらかしで大丈夫って本当!?

今回の記事の概要について

  • 内容
    インデックス投資について
  • 対象者
    20代 投資初心者 会社員
  • 伝えたいこと
    インデックス投資は時間がない会社員でも可能なオススメ投資方法
  • 記事を読むメリット
    インデックス投資の基礎を学べます
  • 読むのに必要な時間
    5分程度

どうも、ELSOL(エルソル)@ELSOL_INVESTORです。

今までの記事では具体的に触れることがなかった、具体的な投資法について、今回の記事では触れていきたいと考えています。

今回紹介するのは、「インデックス投資」という投資方法です。

結論から言うと、このインデックス投資は、時間がない会社員、あるいは、金融資産が少ない20代の人に非常にオススメできる投資法となっています。ELSOL(エルソル)の投資のメイン手段がこちらのインデックス投資になります。

 

インデックス投資とは?

インデックス投資の特徴

  • 少額から購入可能(100円とからでもOK)
  • 分散投資が可能(数百から数千の銘柄に分散できる)
  • 時間がかからない(ほったらかしでOK)
  • 指数に連動する(日経平均株価、NYダウ、S&P500など)

インデックス投資?

「いきなり専門用語を言われても困るよ」、って感じだと思いますので(笑)、基礎的な用語も含めて解説をしていきます。

  1. インデックスとは?
    多数の銘柄から構成される、市場の体温を示す指標のこと。
    例)日経平均株価、NYダウ、S&P500などなど
  2. インデックス・ファンドとは?
    インデックスに連動するように作られた投資信託のこと。
  3. 投資信託とは?
    具体的な売買は投資の専門家におまかせする金融商品のこと。購入者はお金を払って買うだけ。

*初心者向けの記事であるため、用語の解説も適宜入れていきます。

インデックスって、英語で「指標」って意味ですね。世界各国の株式市場を代表するような指数のことです。

で、このインデックス投資は、具体的にはインデックス・ファンドというものを通じて、投資をしていくことになります。

それでは、インデックス投資のメリットを確認していきましょう!

インデックス投資のメリットについて

  1. 少額から購入できる(100円とかからでもOK)
  2. 少額でも分散投資が可能(数百、数千の会社に分散できる)
  3. 手間がかからない(ほとんどほったらかしでOK)
  4. 権威のお墨付きがある投資方法(ノーベル経済学賞を受賞)
  5. コストがかからない(手数料が安い)

少額から購入できる

インデックス投資は少額でもOK!

ELSOL(エルソル)はビビリでして、今でこそ偉そうにSNSやブログで資産形成に関する情報を発信していますが、「投資を開始するなんて、とてもじゃない!」なんて思っていた人でした。

なので、最初に株式を購入したときも、インデックス投資のあるファンドを100円から購入したのでした(笑)。

お試し感覚で購入できるんですよね。「100円なら0円になっても良いや!」って気持ちでした。

あとは、20代の人はまとまったお金がないケースが多いですから(自分を含め)、インデックス投資のように少額から購入できる金融商品は凄いありがたいんですよね。

これが、個別株投資となると、まとまった金額が必要になってきますから。

例えば、5月10日時点でのトヨタ自動車の株価は、6,537円です。日本株の基本売買単位は100株ですから。最低でも653,700円が必要になります。

お金がない20代にとって、この金額は結構きついですよね…。

少額で分散投資が可能

少額で分散投資が可能

インデックス・ファンドの恐ろしいところは、この少額でも分散投資ができるところです。

どうして、資産形成では分散投資が重要なのかについては、前回の記事で触れていますので、みてもらえればOKです。

株式投資で分散投資が大切になるたった1つの理由
株式の長期投資で分散投資が大事であるたった1つの理由 分散投資のメリットとデメリットについて株式投資では長期投資が大切です。その長期投資を担保するためにも、分散投資が必要になります。その理由はたった1つ。分散投資が、一回の失敗であなたを市場から撤退させるリスクを低下させてくれるからです。この記事で分散投資の基礎を固めて、投資の王道を歩みましょう。...

分散投資の重要性の結論を言うと、一回の失敗で市場から撤退させられるリスクを低下させることにあるのでした。

そして、その効果をなんと100円から受けられるのです。これはヤバイ。

インデックス・ファンドなしで、自分だけの資金で分散投資やろうとしたら、数千万円は必要になりますからね。

 

手間がかからない(銘柄選択とか細かいトレードは一切不要)

インデックス投資は購入後は基本的に放置でOK

購入するときは、どの資産をどれくらいの割合で買うのかは計算しますが、買った後は、基本的に放置です(銘柄選択とか細かいトレードは一切不要)。

放置でOKな理由は、インデックス投資が分散された投資方法であるということ。それから、長期投資を主眼としているからです。

長期投資の重要性については以下の記事を参考にしてください。

株式投資における長期投資のメリットとデメリットについて
株式投資における長期投資のメリットとデメリットについて 今回の記事の概要について 内容 株式投資における長期投資のデメリットとメリットについて 対象者 投資初心者、...

この手間がかからないというのは、とてつもなく大きなメリットです。

ELSOL(エルソル)を含め多くの人は会社員ですから、はっきりいって、細かいトレードなんてやってる暇がないんですよね。

勤務時間中のトレードは職務専念義務違反になりますし、職務中にやってるトレードなんて成功するはずがないんですよね。

それから、投資の世界は奥が深いので、研究をしだしたら、きりがないんですよ。

私は数百冊のマネー関連本を読みましたが、奥が深いです。しかも研究したからといって、必ず稼げるわけではないので、コスパが悪いんですよね。

結局、時間をかけずに市場の平均点を狙えるインデックス投資に落ち着きました。

というか「投資を研究するより、投資はインデックス投資にまかせて、余った時間で本業や副業に精を出す、趣味や家族との時間を楽しむという生き方が幸福なんじゃないの?」と個人的には思ってます。

まさに、インデックス投資は時間を生み出す投資方法の1つなわけです。

インデックス投資は学会からのお墨付きがある投資方法

インデックス投資の基礎には、ノーベル経済学賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」というものがあります。この記事は初心者向けの記事のため、あまり深掘りはしません。

結論をいうと、リスクのある資産は市場全体を表す指数(インデックス)で保有するのが良い。それから、リスクの調整は、市場全体の指数と現金の比率でOK、ということです。

この内容は現時点で理解できていなくてOKでして、インデックス投資には理論的な基礎があるんだ、くらいに思ってもらえれば大丈夫です。

追い追い、現代ポートフォリオ理論については、記事をアップロードしていく予定です。

インデックス投資の基礎になっている「現代ポートフォリオ理論」とは?

インデックス・ファンドを保有するコストが安い

インデックス・ファンドは、市場に上場している企業の大きさで重み付けをして購入していくだけなので、特殊な管理が不要です。したがって、管理費用が少なく済みます。

前にも話をしましたが、金融商品のリターンを下げる原因は、管理費用と税金です。これらのマイナス要素はできるだけ少ないほうが良いのです。

インデックスの投資信託を購入される際に確認してほしいのですが、アクティブファンドに比べインデックス・ファンドの方が手数料は安いのが通常です。

アクティブファンドとは?
ファンドマネージャーの腕前で、市場の平均点を上回る成績を出そうとするファンのこと。腕前が必要になり、また手間暇もかかるため、インデックス・ファンドより手数料は高くなるのが通常。

 

インデックス投資のデメリットについて

  • 一気にお金を増やすことができない

このブログで散々言ってきましたが、資産運用の王道は長期分散投資です。短期集中投資ではありません。

インデックス投資は長期分散投資の代表例です。なので、インデックス投資ですぐにお金持ちになりことはできません。

一気にお金持ちになりたい人は、FX、先物、仮想通貨などの短期売買でなるしかないです。基本的には運まかせになり、リスクの大きい投機です。

ELSOL(エルソル)はオススメしません。

 

インデックス投資のまとめ

メリット

  1. 少額から購入できる(100円とかからでもOK)
  2. 少額でも分散投資が可能(数百、数千の会社に分散できる)
  3. 手間がかからない(ほとんどほったらかしでOK)
  4. 権威のお墨付きがある投資方法(ノーベル経済学賞を受賞)
  5. コストがかからない(手数料が安い)

デメリット

  1. 一気にお金を増やすことができない

こうして、デメリットとメリットを一覧にしてみると、インデックス投資には会社員としてはありがたいメリットが多いと思います。

ELSOL(エルソル)としては、金融資産の運用はインデックス投資でOKで、空いた時間で、本業、副業、趣味、家族との時間に使うのが良い、と思います。

 

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。