書評(資産運用・形成編)

ピケティの「21世紀の資本」を読めば、労働するだけではお金持ちになれない理由がわかる。

「どうして私達は働いても働いても一向に豊かにならないのか?」

「昼夜問わず汗水垂らして一生懸命働いていれば、いつか報われるんじゃないの?」

今の日本の経済状況では、こういう風に思っている人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、残念ながら、働いて給与をもらっているだけでは、経済的に豊かになることはできません。

「r(株、不動産からの収益)>g(給料収入)」という、簡単な不等式ですが、これがトマ・ピケティ(以下、ピケティ)の大著「21世紀の資本」の結論です。

あなたが働いても豊かになれない理由はたった1つ。

給料からの収益と株や不動産からの収益を比べたときに、株や不動産から得られる収益の方が高いからです。

(出典:https://cruel.org/books/capital21c/)

 

大切なのは、自分が暮らしている経済制度の仕組みがどうなっているのかを理解することです。

そうすれば、原因とそれに対する対策が取れるからです。

原因とそれに対する対策を以下見ていきましょう。

 

株式を購入して資本家となるのが格差に対抗する手段

まずは、結論から。

格差がどんどん拡大する残酷な資本主義のもとで、生き残るにはどうすれば良いのか?

答えは、資本家となるため、優良企業の株式を長期で保有する、です。

 

ピケティの本では、格差をなくすために、金持ちに課税しろ、と書いてあるのですが、現実はそう簡単に動きません。

なぜか?

理由は簡単。

政治家も金持ちだからです。

 

政治家が金持ちに課税してくれるのを待っていたら、あなたは資本主義の残酷なルールのもとで、搾取されるだけです。

増大する格差から自分の身を守る必要があります。

その答えが、株式を買って株主となることです。

 

どうして優良企業の株式を買うことが格差への対抗手段となるのか?

  1. 会社が獲得した利益は、すべて株主のものになるから
  2. 会社は献金を通じて、政治的なパワーを行使できるから
  3. 資本主義という経済制度が、経済成長を前提としたシステムだから

会社が獲得した利益は、すべて株主のものになる

会社が獲得した利益は、会社のものです。つまり、会社のものとは、株主のものであることを意味します。

会社の従業員が頑張って生み出した価値から生まれる利益は、給与という一部の経費を除き、全て株主のものです。

 

会社員の給料には限界があるけど、会社の利益には限界がない。

ここがPOINTです。

会社が利益を叩き出せば叩き出すほど、あなたが保有する株価は上昇し、配当金も増加していきます。

 

どんなに頑張って働いても、労働者がお金持ちになれない理由がここにあります。

だからといって悲観的になる必要はありません。

私も会社員です(笑)。

 

ただ、会社員でも簡単に株主になれるのが、唯一救われる点です。

ネット証券口座を解説して、株式を購入するだけです。

 

会社は献金を通じて、政治的なパワーを行使できる

日本だと少しわかりにくいですが、アメリカにゴールドマン・サックスという、世界の金融のトップに立つ投資銀行があります。

名前は聞いたことがあるかもしれません。

 

アメリカでは政治献金が活発に行われています。

そして、アメリカの歴代の財務長官を確認すると分かりますが、元ゴールドマン・サックス出身者が多いことがわかります。

 

有名な人だと、ロバート・ルービン元財務長官がいます。彼は、トレーダーとして、ゴールドマン・サックスで超絶出世した人物です。

その後、クリントン元大統領の財務長官をつとめて、栄誉を恣にした人物です。

 

財務長官という立場ですから、表立って金融部門に有利となる政策を表明はしませんが、本音の部分では金融部門に有利となるような政治工作はなされているはずです。

あくまで一例ですが、お金持ちはお金を使って、色々なところにパワーを行使するので、社会の仕組みとして、お金持ちが不利になるような政策をしにくい、というのが現実です。

 

資本主義という経済制度が、経済成長を前提としたシステム

これは前にも書いたので、今回は結論だけにしておきますが、資本主義という制度の元で恩恵を受けやすい立場にあるのが、株主ということです。

20代の資産運用に株式をオススメする3つの理由について
20代が資産運用で投資を始めるなら圧倒的に株式をオススメする3つの理由これから資産運用を開始する20代の人にとってオススメできる投資対象は「株式」という資産です。株式は資本主義の下で一番恩恵を受けられる資産です。いわば、資産の中の資産です。若い内から株式に投資をして、資産形成の土台を作っておきましょう。...

 

 

格差はどれくらい拡大しているのか? 勝者総取りの時代?

(出典:https://cruel.org/books/capital21c/)

これはピケティの「21世紀の資本」に掲載されている、米国での所得格差の状況を示したグラフです。

アメリカでは、TOP10%の所得がアメリカ全体の50%に達しているのです…。

 

アメリカでは資本主義が徹底されているので、ピケティが指摘した「r>g」の原則が、残酷なまでに機能してますね…。

1940年は第二次世界大戦があったので、所得の格差が縮小しています。

その後は平時が続いたので、格差は拡大するばかりです。

基本的にはアメリカと同じように全世界的に所得の格差は拡大しています。

 

情報格差は所得格差へつながる

今回の記事では、労働者がどんなに頑張ってもお金持ちになれない理由を、ピケティの「21世紀の資本」をつうじて、簡単に紹介しました。

この本に限らず、現代社会は、情報格差が経済格差へつながる時代です。

 

どうして、働いても働いてもお金持ちになれないのか?

その原因はなんなのか?

対策はあるのか?

 

こういうことを知識として備えておくことが、残酷な資本主義を生き残る上で大切になります。

「21世紀の資本」は対策までは書かれていませんが、現在の資本主義がどういう状態なのかは知ることができます。

そして、その対策へのヒントも得ることができるでしょう。

 

読書、知識への投資こそ、最高にコスパが良い投資です。

まずは現状を知ることから始めましょう。

 

 

 

 

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。