マネーリテラシー

資産と負債の違いを理解する ロバート・キヨサキの金持ち父さんから学ぶ

今回の記事の概要について

  • 内容
    資産と負債の違いについて
  • 対象者
    資産運用の初心者
  • 伝えたいこと
    資産はあなたにお金をもたらす。負債はあなたからお金の奪い去る。
  • 記事を読むメリット
    資産と負債の違いを理解することで、正しい資産運用ができるようになる
  • 読むのに必要な時間
    3分程度

どうも、ELSOL(エルソル)@ELSOL_INVESTORです。

前回までの記事で、何度も「資産」というキーワードが出てきました。資産形成、資産運用、ってな感じですね。一体、この「資産」という言葉が何を意味するのか?

この資産という言葉をきちんと定義付け理解しておかないと、正しい資産形成ができませんので、最初に記事にしておきました。

で、この「資産」というキーワードを理解するのに素晴らしい有名な本がありまして、ロバート・キヨサキ氏が書いている「金持ち父さんシリーズ」です。

ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さんから学び、資産と負債の違いを理解する

資産と負債の違いを理解する ロバート・キヨサキの金持ち父さんから学ぶ
  • 資産は、あなたにお金をもたらす
  • 負債は、あなたからお金を奪い去る

上の画像は、ロバート・キヨサキ氏の書籍を参考にELSOL(エルソル)が作成してみました。ちなみに、彼の本には、以下のように書かれています。

  • 「資産」は、あなたのポケットにお金を入れてくれる。
  • 「負債」は、あなたのポケットからお金をとっていく。

『金持ち父さんのお金を自分のために働かせる方法』 P86 ロバート・キヨサキ

 

すごいシンプルですよね。でも、この資産と負債という概念をしっかりと理解していない人が意外と多いんですよね。

マイホームやマイカーを資産と勘違いしていませんか?

マイカーやマイホームは、あなたにお金をもたらさないので、資産ではありません。税金などの維持費を要し、あなたのポケットからお金を奪い去るので、負債となります。

日本人は、お金の流れから資産と負債を判別する人が少ないように思います。マイホームとマイカーを資産と勘違いしている人が、ELSOL(エルソル)の周りにも結構います。

賢い読者の皆様には、しっかりと資産と負債の違いを判別して、正しい資産運用を行ってほしいと思います。

 

負債を減らし、資産を増加させるのが、正しい資産運用

正しい資産形成方法
  • あなたにお金をもたらす資産を増加させるのが、正しい資産形成。

お金持ちになるとは、有形・無形の資産を増加させることを意味します。正しい資産形成とは、資産を増加させることを意味します。

で、気になるのは、具体的に資産とは何を指し示すのか?ってことですよね。

また別の記事で、個別具体的に資産の例を説明しますので、ここでは資産の一例を挙げるだけに留めておきましょう。

※資産の一例※

  • 利益や配当をもたらす株式、債券。
  • 賃貸収入が見込める不動産。
  • 人間の労働力やスキル。
  • 収益化できそうなブログやSNS。
  • 全ての行動のもとになる、自分の健康な身体と健全なメンタル(超重要)。

★参考記事★

  1. 「資産と負債の違いを理解した今だからわかる SNSやブログが資産となるたった1つの理由」

 

お金の出入り(キャッシュ・フロー)のバランス具合で、資産か負債かが決まる。

お金の出入りの量の違いで資産と負債が決まる

現実的には、入だけが100%になる資産はないので、資産と負債を判別するには、その対象物のキャッシュ・フローのバランスで決定されます。

お金を奪い去る量より、あなたにお金をもたらす量が多ければ、それは資産です。負債はその逆ですね。

あっ、あと今後、「キャッシュ・フロー(お金の流れ)」という言葉は頻繁に出てくるので、ここで覚えておいてくださいね♪

 

正しい資産形成をする上で必読の1冊なので、これから資産形成を始めたい人にはオススメの1冊です。

読書は本当にコスパの良い投資なので、ガンガン投資していきましょう。

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。