Twitter(ツイッター)

SNS(Twitter)のメリットとデメリットから考える SNSを上手く使いこなすための4つのコツ

「Twitterで投稿をしていたら、自分の投稿に色々な意見や批判があり、少し落ち込んでいる…」

おそらくTwitterを始めとしたSNSの利用者なら一度は経験したことがあるはずです。

私も4月にTwitterを開設してから、色々な経緯がありましたが、2019/07/24時点で5,000人弱のフォロワーさんがいて、様々なコメントがきている状況です。

 

SNSは学習・意見交換ツールとして非常に優秀です。今まで自分が知らなかった知識や価値観、生き方など多くのことに簡単にアクセスすることができます。

一方で、SNSに流れる情報量は凄まじく、滝のように流れていきます。

その中には、自分の投稿に対して、批判的なコメントなどが含まれることもあります。

 

このように、SNSにはメリットとデメリットがあります。

そこで今回の記事では、SNSを上手く使いこなすために必要なことを考えてみました。

今回の記事

  • どんな人に読んでほしいのか?
    →SNSを利用している人
  • 何を伝えたいのか?
    →SNSを上手く使いこなすための4つのコツ
  • この記事を読むことで、どうなれるか?
    →SNSを利用するときの注意点を学ぶことで、スマートにSNSを利用することができるようになる。

SNSと言っても私が利用しているのはTwitterのみですが、SNSの使い方という観点からはそんなに変わらないと思います。

では早速、内容に入っていきましょう。

SNS(Twitter)のメリットとデメリット

メリット

  • 今まで自分が知らなかった知識や価値観に触れることができる
  • 簡単に様々な情報にアクセスすることができる
  • リアルの生活では関わることがなかった人ともネット上で関わることができる

デメリット

  • 情報の量が多すぎる(質も様々)
  • 批判などで自分のメンタルが揺さぶられる可能性がある
  • 中毒性が高い(ハマりすぎ要注意)

SNSを上手く使いこなすためには、その特徴をざっくりと理解しておく必要があります。

私が考えるSNSの特徴は上記のようなものです。

 

まずは、メリット面から。

今や、ほとんどの人がPCやスマートフォンなどの電子デバイスを持っていますので、SNSを簡単に始めることができます。

 

アカウントの開設も無料ですし、続けるのにコストもそれほどかかりません。

アカウントを開設したら、自分がフォローした人の情報を即時に閲覧することができます。

 

今まで自分が知らなかった知識や価値観に触れることができ、それで自分の行動が変わることもあるでしょう。

 

また、自分が情報を発信する中で、リアルの世界では関わることができなかった人たちとネット上で知り合いになることもできます。

 

次にデメリットを確認していきましょう。

SNS上には、半端じゃない量の情報が秒単位で滝のように流れていきます。

量もさることながら、情報の質についても、玉石混淆です。

 

自分が投稿した内容について、批判的なコメントや意見がくることもあります。

そのことで自分のメンタルが揺さぶられる可能性もあります。

 

また、SNSは中毒性が高いことでも有名です。「ツイ廃」という言葉があるとおり、Twitterに多くの時間を費やす人も少くないです(あまり人のことは言えませんが。。。)。

 

ざっくりSNSのメリットとデメリットを確認しておきました。

次にこれらのSNSの概要を把握した上で、「上手なSNSの使い方」について考えていきます。

考え方としては、デメリットをコントロールする方法です。

 

SNS(Twitter)を上手く使いこなすための4つのコツ

SNSを上手く使いこなすための4つのコツ

  1. 自分の情報リテラシー能力を高める
  2. 自分の考えや意見をしっかりと持つ
  3. 受け流すスキルを身に付ける
  4. SNSを使う時間に制限をかける

私が考えたSNSを上手く使いこなすためのコツは上記の4つです。

自分の情報リテラシー能力を高める

SNSを上手く使いこなすには、自分の情報リテラシー能力を高める必要があります。

なぜなら、大量の情報の中から、自分に役に立ちそうな情報を探し出す必要があるからです。

 

いわば、情報リテラシー能力とは、情報の前さばき的な能力と思ってもらえば良いでしょう。

玉石混交の大量の情報の中から、自分に役立ちそうな、質の高い情報を選び取る能力です。

 

人間は、皮膚があることで、外部からの様々な刺激から保護されています。

もし、皮膚がなければ、外界の刺激を直接受けてしまい、様々な悪影響が発生するでしょう。

 

SNSもそれと同じです。情報を選定しないで、SNSにある全ての情報を大量に流し込んだら、おそらく悪影響のほうが大きくなるでしょう。

これはマインドコントロールの手法でもよく使われます。

大量の情報を流し込んで、その人の判断能力を奪うやり方です。

 

情報に簡単にアクセスできるからこそ、自分の中で情報を選定する能力が重要になってきます。

逆説的なのですが、SNSで情報を得る前に、自分で多少なりとも情報を得ておかないと、うまく使いこなすことは難しいということです。

 

投資やお金儲けの世界だと、この傾向が特に顕著で、自分の情報リテラシー能力の重要性が非常に高いです。

情報リテラシー能力がないと、騙されてしまう恐れがありますからね。

 

自分の考えや意見をしっかりと持つ

SNSを利用するにあたっては、自分の意見や考えをしっかりと持つことが大事です。

なぜなら、様々な意見や情報に触れる中で、自分の中に迷いが生じ、主体的な選択をすることができなくなる可能性があるからです。

 

「〇〇さんが言っていることだから、、、」

「〇〇さんに言われたことだから、、、」

みたいな従属的な意思選択は好ましくありません。

 

SNSを自分の人生を豊かにするためのツール(武器)として使用する場合には、

「〇〇さんが言っていることも一理あるけど、△△の部分はどうしても自分の中で大事」

「〇〇さんに☓☓と指摘されたけど、私は△△のように考えて、△△と判断した」

のような意思決定になることが重要です。

 

私は最近noteを発売しましたが、初めての経験であったため、様々なことで悩み、SNSでアンケートを取ったりしましたが、最終的には自分の判断で色々な判断を下しました。

様々な批判や意見がある中での決断であり難しい選択でしたが、「最終的に決定するのは自分なんだ」と思い決断しました。

 

自分の中に意見を持つことは、必ずしも「徹底的に頑固になれ」と言っているわけではなく、自分の中に意見を持った上で、SNS上の様々な情報にアクセスすることが重要である、ということです。

 

そうでないと、SNSの大衆心理の渦に飲み込まれて意思決定が主体的にできなくなる恐れがありますからね。

 

受け流すスキルを身に付ける

SNSを上手に使いこなすには、受け流すスキルを身に付ける必要があります。

なぜなら、全ての意見をまともに受けていたら、とてもじゃないですが、対応しきれないからです。

 

SNSで情報発信をするということは、少なからずそこにあなたの価値観や方針などが含まれています。

人生は色々で、100人いれば100通りの考え方や意見があります。

そうなると、どうしても避けられないのが意見や価値観の不一致です。

 

建設的な批判やコメントなら、それを次に活かしたり改善点に加えたりできます。

しかし、中には批判のための批判や、攻撃性のあるコメントなどもありますので、そうしたものに真面目に対応していると、疲れてしまうので、受け流すスキルを身に着けておくことが大事になってきます。

 

SNSを使う時間に制限をかける

SNSの使用時間に制限をかけることも大事です。

なぜなら、SNSは中毒性が高く、気づいたらスマホでアプリを開いていたなんてことになりかねないからです。(自分もあまり人のことは言えませんが)

 

なので、時間制限をかけるくらいがちょうど良いのではないでしょうか?

もちろん、SNSが趣味で、SNSをやってる時間が何よりも大事という人なら、別にいいのでしょうが。

例えば、家族との時間であったり、恋人との時間であったり、もしかしたら、SNSより優先すべきことがあると自分の中で思っているのに、SNSを優先させてしまうのは避けたいところです。

 

まとめ

SNSを上手く使いこなすための4つのコツ

  1. 自分の情報リテラシー能力を高める
  2. 自分の考えや意見をしっかりと持つ
  3. 受け流すスキルを身に付ける
  4. SNSを使う時間に制限をかける

今回は、私がSNSをスマートに利用するために、重要だと考えている4つのコツを記事にしてみました。

現代ではネットが発達してSNSが大きな影響力を持ち、それらを使いこなす重要性が増してきています。

 

しかし、安易に飛びついてしまうと、様々なマイナス要因を引き起こす原因にもなるので、そのリテラシー能力は高めておいておきたいところです。

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。