書評(その他)

与沢翼氏の『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』を読みました。個人資産70億円を築いた成功哲学とは!?

今回は与沢翼氏の『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』を読んだので、その書評をしてみたいと思います。

与沢さんは、色々な噂のある方で、毀誉褒貶が激しいのですが、そのへんについては私は触れません。本の内容はそれとは関係ないからです。

なので、純粋に書評をしたいと考えています。

 

で、結論からいいますと、今回の与沢翼氏の『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』は非常に良かったです。

成功するためのマインドというか、成功哲学を学ぶことができます。

本書を読んで効果があるのは、色々なものに手を付けて、結局何も結果を出せない人だと思います。

早速、私が気になった部分を軸として書評していきます。

 

 「ブチ抜く力」から BEST3

私がこの本を読んで「これはいい!」と思ったBEST3をメインに紹介します。

書評はグダグダやってもしょうがないので、役に立つBEST3をピックアップして紹介した方が読者の方にも有用だと思います。

では、早速、MY BEST3を紹介しましょう。

「ブチ抜く力」から BEST3

  1. 一回ブチ抜いちゃうと、あとが楽になる。
  2. 自分が選択したことを自分で実行すること自体に意味がある。
  3. 継続して種をまき続けた人が最後に勝つ。

他にも色々と参考になる場所がありましたが、私のベスト3はこの3つです。

 

ブチ抜くと成功が成功を呼ぶ好循環に突入する

与沢翼氏は『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』の中で、ブチ抜くことについて以下のように書いています。

どうして、ブチ抜いた存在であるべきなのか、ほどほどの成果を出す存在ではいけないのか。それは、一度「ブチ抜いた存在」になると、その後の人生は驚くほど楽になるからです。

『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』 与沢翼 P26

これは私が前につぶやいたツイートです。

要するに、一度ブチ抜くと、集まるところに一気に色々なリソースが集中することを意味しています。

 

資本主義は残酷です。

お金はお金持ちに集まりますし、信用がある人はさらに信用を高めることができます。

とにかく、持てるものにすべてが集中していくシステムなんです。

 

なので、一回、ストイックに集中して圧倒的な成功を収めることで、成功の以降循環に入りやすくなるのです。

それを与沢翼氏の言葉を借りると、「ブチ抜く」ということになるのでしょう。

なので、最初は辛くても、ぐっと歯を食いしばって耐えしのげば、後は天国が待ってることになるのです・

 

結論はこうです。

最初を頑張れば後が楽になるので、ぶち抜く存在になろう!

 

自分の選択・行動自体に意味がある

 

与沢翼氏は『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』の中で、このことについて以下のように書いています。

それよりも、自分が選んだということ自体に意味があります。自分が選んだという事は自分の人生の経験と何らかの関係性がある方法論なのです。前提をしない全く別人格の他人のアドバイスに従うよりも、科学的にアホなやり方であったとしても自分が選んだというその意思にこそ価値があるのです。

『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』 与沢翼 P58

 

これは与沢翼氏が投資家であることとも関係している発言でしょう。

エルソルもこの言葉には非常に親近感を覚えます。

投資は基本的には、正解が無い世界です。

 

正解がないので、答えよりも、その答えを導くプロセスにこそ意味が出てきます。

自分で出した答えが仮に失敗であったとしても、それは必ず活きていきます。

なぜかと言えば、自分で考え抜いた答えは仮に失敗しても、自分の血肉になるからです。

 

これが他人の答えを教えてもらった回答だと、仮に失敗しても、失敗を次に活かすことができません。

ウンウン唸りながら出した決断・選択だからこそ、成功であろうと失敗であろうと、次に活かすことができるんです。

 

ということで、ここから得られる結論は、こうです。

正解を簡単に求めるよりも、正解に至るまでのプロセスを大事にしよう!

 

継続して種をまき続けた人が最後に勝つ。

与沢翼氏は『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』の中で、このことについて以下のように書いています。

私はこれまでにたくさんの成功者達を見てきましたが、頭の良さだけで成功には結びついてはいません。

数々のタイプの成功者がいる中でも、一番強いと思うのは、「失敗を恐れず、種を蒔き続けられる」タイプです。種を蒔かないと、人はどれだけ優れた資質を持っていたいたとしても、何も生む事はできないからです。

『ブチ抜く力 一つのことに魂を売れ! 』 与沢翼 P111

 

https://twitter.com/ELSOL_INVESTOR/statuses/1148353568514007040

 

 

行動と継続力。

世の中の大半はこの2つがあれば動くと思います。

でも、大勢の人はできません。

 

だからこそ、サクッと動けて、PDCAできて、継続できる人は、それだけでブルーオーシャンになるんですね。

私は5月からTwitterとブログを始めました。

最初は反応なんて全く無かったですが、めげずにコツコツと情報を発信して、種を蒔き続けてきました。

そしたら、たまたまですが、以下のツイートがバズって、私の発言に耳を傾けてくれる人が次第に多くなってきました。

 

 

つぶやいてもつぶやいても反応がない時期が最初はありました。

ブログやTwitterに批判が来ることもありました。

でも、諦めずにコツコツと情報発信を続けました。

私は筋トレでダイエットを成功させた経験があるので、継続することの重要性を身にしみて理解しています。

それが大きかったのかもしれません。

 

継続していて分かるのは、継続している人は、ある一瞬に風速が最大になる瞬間が急に現れるということです。爆発的に成長するステージを迎えるのですね。

それがいつになるかは分からないのですが、続けていれば、来る可能性は高いのです。

 

なので、ここから得られる結論はこうです。

継続し種を蒔き続け、爆発する瞬間をまて!

 

 

今回与沢氏の本やTwitterでの成功者を見て思ったのは、成功者はストイックな人が多いですね。

淡々と当たり前のことを当たり前のように継続する力に優れています。

この本から学べることは多いです。

ぜひ、人生の早い段階から成功哲学を自分の血肉としておきましょう。

 

 

 

ABOUT ME
ELSOL(エルソル)
ELSOL(エルソル)
20代会社員。資産形成と資産運用を猛勉強し、様々な手法を経験した結果、本業+副業+インデックス投資が最強の資産形成・運用法という境地にたどり着く。20代でも資産形成できることを証明するべく、また、20代に役に立てるよう、資産形成、資産運用の情報を発信します。 読書も大好きで、年間200冊以上は読みます。読書に関する情報も発信します。